家を買いたい!住宅ローンを組める人、組めない人

マイホームが欲しいと思ったら、大抵の方はローンを組んで購入しますね。

 

しかし、かなり高額なローンとなるわけですから、誰でも組めるというわけではありません。ギター01
審査は通常の借り入れよりかなり厳しいものとなってきます。
今まで審査に落ちたことのない方でも、落とされたという話はよく聞きますね。

 

では、住宅ローンを組める人と組めない人にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

まず、基本的なところでは、年収と借入額のバランスです。
よく借り入れは年収の五倍までといわれていますが、実際はもう少し多く借り入れることが可能です。
しかし、あまりに年収が少ないと厳しくなってきます。
年収300万円を切るようなら、審査に通るのは難しくなってしまいます。

 

そして、最も大事なのは過去と現在の信用情報ですね。
信用情報に延滞履歴があったり、現在他のところからキャッシングなどの借り入れがあると、ほぼ間違いなく審査に落とされます。
たとえ年収と借入額に問題がなくてもです。

 

ですから、家のローンを組める人というのは、年収が300万円以上あり、借入額が年収の五倍以内であり、信用情報がキレイな人ということになりますね。
また、お目当ての銀行とのこれまでの取引履歴というのも重要なポイントとなります。